読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまねぎは目にしみる

ゲームとか忘備録

ダクソ3 DLC レビュー

 

 以下ネタバレあり。

 

dlc発売から遅れること4日...

やっとこさプレイできたので大雑把にレビュー。

プレイは一周目攻略。

 

深みの聖堂で倒れているおじいさんに話しかけて、絵画の切れ端ににゅっと吸い込まれるところからDLCスタート(デジャブ...)

f:id:tamanegicat:20161030185329j:plain

 

 以下レビュー。

 

 

 

全体的な雰囲気

エリアは大きく分けて雪原、絵画の底、鴉村、礼拝堂の4つ。

 

雪原

f:id:tamanegicat:20161030192036j:plain

あたり一面の雪景色と狼がかわいいエリア。なんとなくFPSのマップでありそう。

小狼とじゃれてるとクソデカ狼が出てくる。近接で戦うと楽。

少し進むとミルウッド騎士が出てくる。鎧がヴァイキングぽくて好み。

 

絵画の底

f:id:tamanegicat:20161030193000j:plain

巨大なツララと唐突なカニが印象的なエリア。

ツララ綺麗だなぁって見とれてると弓が飛んでくる。

墓守の大狼&王者の墓守とのボス戦。墓守をスタブで殺して柱をぐるぐるしながら狼とじゃれてたら終わってた。墓を守る巨大狼でこれまたデジャブ。

 

鴉村

f:id:tamanegicat:20161030194030j:plain

ブラッドボーンの世界に来たかと思いました。

だだっ広い雪原の後の建物エリア。個人的には広いとこ歩かされるより狭くて密度が高いエリアの探索が好きなのでこのエリアは好み。

気持ち悪い鴉頭とスタイリッシュかっこいい鴉人の騎士が印象的。

道中拾える鴉人の騎士の武器がスタイリッシュかっこよくて良い。

ここにいるNPCにクリア後話かけると原盤を貰える。殺しちゃダメ。

 

礼拝堂

f:id:tamanegicat:20161030195010j:plain

山盛り死体にたかってる蠅が印象的なエリア。気持ち悪い。

隠し扉があるけど分かりやすすぎて罠と疑ってしまうレベル。

ここのレバーを引いて礼拝堂の隠し扉を開くとDLC最後のボス

f:id:tamanegicat:20161030195334j:plain

鎌おばさんもとい修道女フリーデとのボス戦。なんとなくプリシラを彷彿とさせる攻撃が印象的。投げナイフなり弓矢なりを当てておくと透明化されても安心。特大剣R2のタメで吹き飛ぶので起き攻めでR2当ててハメ殺す。サクッと倒すとムービーが入って二回戦目。

f:id:tamanegicat:20161030195247j:plain

かっこいい。どこかで見たことあるような窯を振り回すアリアンデルとフリーデのボス戦。アリアンデルのほうを切ってるといつのまにか終わってた。やっと終わったと思うと息つく暇もなく三戦目...

攻撃がハデで早くて痛い。ずるい。ブラッドボーンのマリアとだぶる。

そうとう苦戦したもののジャンプ攻撃を誘ってヒットアンドアウェイ戦法で何とか撃破。三連戦なので最初のほうでエストを持っていかれるとしんどい。

ゲール爺を白霊で呼べる。いるのといないのではかなり難易度が変わるので理由が無ければ呼んだほうが良い。

 

 

 

本編との繋がり

 

サリヴァーン

新しい魔術のテキストでやたらとサリヴァーンの名前が出てきて驚き。

アリアンデル絵画世界はどうやら若き日の彼の故郷のよう。

本編のテキストでも若き日のサリヴァーンの話は出てきますが、冷静に見るとサリヴァーンさんとんでもない奴ですよね。若き魔術師サリヴァーンの消えぬ野心...なんか2つ目のDLCでも絡んできそうな勢い。

 

フリーデ 

DLCラスボスのフリーデおばさんは黒教会の三姉妹の長女。

 

さぁ、もう貴方の居場所に戻りなさい。

戻るべき場所がある。それはとても幸せなことなのですから。

 

ダークリングのテキスト*1もあってかこのセリフは印象的。

彼女が絵画世界にいる理由はフロム脳の働かせどころでしょうか。

 

時系列

 

アリアンデル→エレーミアス

エレーミアス→アリアンデル

の2つで悩むプレイヤーは多いはず...

個人的にはエレーミアス→アリアンデル。

 

フリーデの大鎌のテキストと最後の意味ありげなミイラ、あとは神食らいの記憶の時系列を合わすならエレーミアス→アリアンデルな気がしますね。逆の可能性も捨てきれませんが...

 

 

 

総評

 本編にない雪のエリアとブラッドボーンちっくなグロ目のステージは新鮮味があります。ついついスクショを撮ってしまうような場所も多く、難しめの難易度調整もあって十分楽しめました。

ただ同じような雰囲気、景色が多くて飽きてしまう感は否めません。

鴉村にきて雰囲気がガラリと変わりますが、いかんせん短すぎですね。

また、巷でよく聞く通りボリューム不足感も否めません。今までのDLCの出来が良かったのもありますが、期待しすぎると終わった時の物足りなさがすごいです。初見でゆっくりやっても5時間もあれば終わるんじゃないかな...

これは個人的な好みの問題になりますが、無印の森のようにだだっ広いエリアの探索はあまり好きじゃないので、その比率が多いこのDLCを何度もやりたいかと聞かれると微妙です。

しかし、これらのマイナス要素抜きにしても本編を掘り下げる要素と各所に見られる過去作へのオマージュ、熱いボス戦でテンションが上がってのめり込むようにプレイしてしまいました。値段分の価値は十分あると思います。

 

f:id:tamanegicat:20161030222331j:plain

 

次のDLCも楽しみですね。

*1:呪われた不死人の証。このリングが現れた者は死んでも蘇り、いつか遺志なき亡者となる。故に彼らは故郷を追われるのだ